いきあたりばっ旅

主にサッカー関連と
オーストラリア旅行記
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
壊れていくこの世界で
さて思ったり一日に進めないものだとわかってきたので、
今日はあまり寄り道せずにガンガン進んで行きたいと思います。


一昨日 約200km
昨日  約450km



今日は500kmオーバーを目指して頑張ります









ということで朝から先へと進みます。

この日からはかなり内陸部に入ってきたことで、
昨日までと違い、かなり砂漠っぽくなってきました。


町と町との間隔もあき、
その町もガソリンスタンドがあるだけだったりします。




そのガソリンスタンドもこんな感じで、
ほんとに映画に出てくるような雰囲気のものばかりです。




Wellsteadという所ででおじいちゃんとおばぁちゃんに
絵葉書を出す。

寄ったのはそこ位でnon stopで突き進む。



11時くらいにJerramungupという小さな町に着いた。

町のはずれになんとヒッチハイカー!!



しかも日本人っぽい。



ガソリンスタンドにバイク置いて、会いに言ってみると、
やっぱり日本人

話を聞いて見ると、
AdeladeからPerth目指してヒッチハイク中らしい。


お互い久しぶりの日本語ということもあり、
AdeladePerthの情報やこの先の町の情報を交換したり、
盛り上がった。


30分くらい灼熱の大地の中、ハエに囲まれて話し込みました。





そして、再び先へと進みます。



しかし、1時間ほどたって道端で休憩してるときに、
バイクの横がオイル汚れている!?




エンジンオイルを見ていると、
減ってる冷や汗





戻るにも次の町にも1時間






時速30kmでゆっくりと進むことにします。







飛ばしていると気づかなかったのですが、
ゆっくり走っているとかなり熱いです。

まさに灼熱の大地を走っているという感じがします。







そして、Fitzeraldという町に着いたが小さくてバイク屋がない……。






しょうがないので40km先のRavenstorpeを目指すことにする。







途中の休憩でバイクを観察しつつ来たが、
オイルは漏れ続けているけどエンジンオイルでなく、
ガソリンが漏れているみたいだ。


エンジンオイルが減っているように見えたのは、
バイク本体が傾いていたみたいです………。




う〜ん、エンジンオイルを見るときは水平にっていうのは基本ですよね。




あまりのことに気が動転してた見たいです。





とりあえずエンジンオイルは漏れてないみたいなので、
80km位にスピード上げて、
Esperanceという結構大きな町まで頑張ることにする。






うーん、
スピード出せないのはストレス溜まる〜

気づくと100Kmオーバーしてます。




もう景色も代わり映えのない砂漠地帯で、
熱くてキツイ。






なんとかEsperanceに着きましたが、
5時過ぎていたのでバイク屋には明日、持って行くことにした。



致命的なトラブルじゃないといいけど…………。

| motorcycle | 12:18 | comments(0) | trackbacks(2) | ↑PAGE TOP
センチメンタル・カンガルー
さて木登りをして満足したので、
先へ先へと快調に進んでいきます。



Perthからもうかなり離れているので、
すれ違う車も少なく、
すれ違う車はほぼ例外なく長い旅路をしている車です。



大きいキャンピングカーで旅している老夫婦や、
でっかーいアメリカンバイクに乗っている渋〜いおっちゃん
普通の乗用車にありえないだろうってくらい荷物載せてたり、
休憩するところで会ったり、すれ違うのはそんな感じです。




Albanyって少し大きな町で食料を買い込んで、
その少し先にあるCheynes Beach caravan parkという所で泊まることにしました。



今日は昨日と違いCaravan park(キャンプ場)なので、
一人ですけど回りにキャンパーがいっぱいあるので安心です。


同じくらいの歳のグループ焚き火を囲んで飲んでいました。
少し走ればこんな綺麗なところにこれるなんて、
australiaの人は幸せだなぁと思った。




あとはCaravan parkが大きい道から5km位入った所にあるのですが、
そこを通るときに遭遇しました。




カンガルーの死体

なんたって人よりカンガルーのほうが多い国なので、
郊外にはカンガルーだらけののです。

轢かないように気をつけて旅していきたいと思います。
| motorcycle | 23:52 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP
美しく燃える森
さて少し脚は痛みますがさらにワインディングロードを進んでいくと、

Pembertonという町に着きました。




ここでの目当ては木登り



なんで木登りかっていうのは


このあたりは世界でも最も高く成長する木のひとつである、
カリー・ツリー(Karri Tree)の広大な森林地帯が広がっている。


そしてここには以前、山火事の監視台として利用されていた木がいくつかあり、
上に展望台が備え付けられています。

現在これらは観光スポットのひとつとして人気。
60メートル前後の高さのカリーの木に登ることができます。
らせん状に打ち込まれた杭を登っていくのですが、
これがなかなか危なかしくて不安定
看板にも危険、自分の責任で登りましょう、と書いてあります。





ということでナントカと煙は高いところが好きって言葉もあるように、
高いところが好きな自分としては要チェック



休憩がてらに登ってみました。

感想としては気持ちよかったです。





こんな感じで大丈夫?って感じのクイなんでスリル十分。



そして高さのほうも




結構高くて、大満足です。

見にくいけど小さく人が写ってるのが見えますか?








そして木登りに大満足してPembertonを後にして、

つぎなるお目当てはValley of the Giantsです。

これまたカリーの木の森の中にある高い所なんですが



Valley of the Giants
オーストラリアでもこの地域にしか生えない60〜90mの珍しい木、「カリー」や「ティングル」が生い茂る深い森の国立公園だ。
この公園の中で、巨木が集まったエリアには、巨大な高さ40m、全長600mも続く空中吊り橋、「ツリー・トップ・ウォーク」や、
樹齢数百年を数える巨木たちの森「エンシェント・エンパイア」などがあり、見逃せない。
バリー・オブ・ザ・ジャイアント」ではティングルの巨木の根元には大きな空間があり、10人くらい入れるほどのものもある。
爽快な空気と空間が楽しめる。ゆっくりと歩いて、森林浴を楽しんでみてはいかがでしょうか?




ってことでつtree top walkが最高に面白かったし、
怖かった〜



こんな感じで地上40mに掛かってる
揺れるつり橋を渡るのはなかなかスリルがありました。


さらに看板に同時に10人以上渡らないで下さいって書いてあるのも、
リアルに強度が心配になりました。

たまたま一緒になった日本好きのおっちゃんと歩きながら、
二人でこいつはいつか崩れるぞとか言いながら回りました。







また、ここまで書き忘れたけど、
どちらもがすっごい綺麗豊か迫力があって、
ほんとにいい場所でした。

australiaの大自然の迫力に圧倒されました。








目隠しで 森の中 戻らない旅に 出掛けて君を忘れようか?
止められない時を 迷わず焦がしてく 炎で燃やし尽くしてくれ
| motorcycle | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
clash
さてBusseltonを後にし、出発!!




今日は昨日と違って内陸側に入っていくので、
山道です。

舗装はされてるので危険もなく、
涼しい風を受けながら、
ワインディングロードを楽しみながら進んでいきます。






1時間半くらいたって、そろそろ休憩かな〜
と思ったところで休憩ポイントがあったので止まろうとして












やっちゃいました悲しい







こけました






バイクを右横の休憩ポイントに入れようとして、



ザッザーー!!!







australia赤い小さい石にやられました。




幸い重症ではないものの、くるぶし擦過傷

バイクはリヤブレーキのワイヤー外れた模様。





重い荷物を載せて、あの石の上に行くと、
かなり不安定な挙動をすることがわかった。




バイク、体ともに致命傷でなくて良かった。
気をつけよう。
| motorcycle | 08:55 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
いつも何度でも
今日は早起きして、
(不安で自然と目覚めたという側面もあるんだけど)

Busseltonに寄ってきました。






昨日、ブッシュキャンプしたのはキャンプ場が遠かったのもあるけど、
実はBusseltonに来たかったのも大きかったりする。





なんでかというとBusseltonにはJetty(桟橋)があり、

なんと岸から沖に向かって2km近くも飛び出ているのです





そしてそこにはなんと線路が敷かれていて、
千と千尋の神隠し」の水の上を走る電車のモデルになったといわれているのです。





残念ながら今は電車は走ってないのですが、
折角なので散歩してきました。


朝の7時前だというのに、
散歩する老夫婦釣りをする子供達で賑わっていました。

さらにはJettyにそって遠泳しているおじいちゃんまで居ました!
| australia | 08:48 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
せつなさよりも遠くへ
さて順調にツーリングして来て、

そろそろ日も暮れてきそうなので地図を見てみる。




あれ?






キャンプ場ないんですけど〜冷や汗


ちょうどキャンプ場とキャンプ場ので、
50km位戻るかあと100km進むかしないと行けません。





戻るのはだし、
あと100kmも進んだら着くころには暗くなってしまう





しょうがない初日からブッシュキャンプと行きますか〜




ブッシュキャンプとは
いわゆる野宿の事です。
野宿(ブッシュキャンプ)は道路から少し外れた場所で静かな一夜をすごすことです。単独では心細いのと野生動物や治安が良いAUSでも悪い人はいますのでできれば避けた方がいいでしょう。しかし静かな夜、南十字星の輝く星空の下のキャンプは野生のディンゴのなきごえも遠く聞こえ感動的ですらある。







てなわけでツーリング中にしたいとは思ってたし、
する羽目になるだろうな〜とは思ってたんだけど、



初日からか、、、。





まぁしょうがない。

ちょうどNational Parkが近くにあるので、
そこにテントを張ることにする。







しかし

入り口がわかりづらく、迷う冷や汗




てか一本道なのに入り口が見つからず、
行ったり来たり


結局、時間にして1時間
距離にして3,40kmも余計に走る……





おかげで着いたときは薄暗い悲しい



かなり心細くなりつつも、
強盗に遭遇しないように道から見えない奥まで入って行って、


テーブルとイスの横にテントを張ることにする。



Highwayから5km位奥に入って、
その道からさらに500m位入ったのでかなり寂しげです。




昼間はかなりウキウキだったけど、
この夜は不安でしたね。



テントのすぐ横に牛が居て、ガサガサするのもめっちゃ怖かったし


| motorcycle | 21:03 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
旅立ちのナンバー
さて俺のaustraliaでの最大の目的になり、
最大の楽しみであったバイク旅の始まりです。




昨日は遅くまで飲んでたのに、
なぜか宿のみんなとブランチ作り

俺の出発だからというのと、
前々からやると言っていたBBQと合わさって、

朝からガッツリ


そんなスタミナ料理を食って、


みんなと別れを惜しみつつ、
13時過ぎころしゅっぱぁーつ!!






天気もよく、快調に飛ばしていきます

荷物をたくさん積んでるので、運転が心配だったけど、
全く問題なしです





1時間もすると郊外に出て、
Highwayの横は赤土の大地ユーカリの木々が広がってます。







途中休憩を挟みつつ、ドンドン進んでいきます。

気持ちイイー!!!






とここまでは少し強風に悩まされたくらいで、
かなり順調な滑り出しです。









いつかあの事と笑えるだろう
きっと今までが思い出だった様に
浮かんでは消えるあの日の影
追い越せないままここに居るんだ

一体どこまで歩けるかな
今は全てを委ねて
僕は行くだろう君の元へ

| motorcycle | 15:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
休載のお知らせ
作者急病の為、今週は休載いたします。
次号のいきあたりばっ旅にご期待ください。









じゃなくてついにバイクで旅に出るのでしばらく更新できなそうです。

無事生還できたら、また更新します!


あでゅー/~
| motorcycle | 06:28 | comments(4) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
旅立ち
いよいよ明日、バイクの旅に出ることにしました。

てことで今日は一日キャンプ用具の買出しやら、
仕事場に挨拶行ったりとバタバタしてました。



我が家とかしたこのバッパーともお別れです。


元HOTELだけあって雰囲気のあるいいバッパーでした。

真ん中にあるのがいつも飲んでたテラスです。



たくさんの人とも出会えたし、
何より職場に近くてよかったです
(そこかよ(-.-)ノ")




バッパーの右下にある濃い青の建物仕事場です。




夜は久しぶりに外へ出て、クラブで飲んで、
バッパー戻って来ても飲み続け、

ラストナイト満喫しました。






深く輝く月の下
今日も本当にいい日でした
永遠に輝く星空の下
新しい旅に出ると決めました


| working holiday | 00:41 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
理想の朝
最近、凄い贅沢な日々を過ごしてます。




先週で仕事も辞め、バイク旅への準備以外やることもないので、


朝から飲んでます。



もともと毎日飲んでたんだけど、
仕事がないのと友達が来てるのもあって、
毎晩遅くまで飲んでます。



それで起きるのは昼前

朝飯二人で作るのですが………



妙につまみチック





それでついついビールに手が伸びて、

朝から優雅にビールです





そして、ダラダラとテラスで過ごす毎日です。


この世の天国です。









動き始めた理想 それがみんなの理想の朝
こっちを向いてよ理想 怠け者よ目を醒ませ。
動き始めた理想 破れし数だけ理想の朝
こっちを向いてよ理想 怠け者よ日を醒ませ。
怠け者よ目を醒ませ

怠け者は目を醒ます


| working holiday | 22:56 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP